金融ファクシミリ新聞社金融ファクシミリ新聞

金融ファクシミリ新聞は、金融・資本市場に携わるプロ向けの専門紙。 財務省・日銀情報から定評のあるファイナンス情報、IPO・PO・M&A情報、債券流通市場、投信、エクイティ、デリバティブ当の金融・資本市場に欠かせない情報を独自取材によりお届けします。

平地 麻里子

「彼女に聞けば解決する」と信頼されるぐらいになりたい。

金融情報部

平地 麻里子

「彼女に聞けば解決する」と信頼されるぐらいになりたい。

金融情報部

平地 麻里子

金ファクに入社した理由きっかけ

入社のきっかけは、インターンシップで、現在の部署で仕事を経験したこと。実際に現場で働く先輩社員を見て、若手でも積極的に発言し、行動できる活気ある環境に魅力を感じました。実際に入社をしてからも、そのイメージは変わりません。

現在の業務内容

私は、営業企画、セミナー、ミャンマー語教室の運営の業務を行なっています。営業企画では「金融ファクシミリ新聞」「ASEAN経済通信」「日刊インド経済」の新規開拓の営業はもちろん、顧客へのヒアリングも行います。セミナーでは、講演をされる講師と当日に使用する資料の打ち合わせや、会場の設営、セミナーWebサイトの管理等の業務を行っています。ミャンマー語教室は、教室の宣伝やミャンマー人講師と受講者のレッスンスケジュール調整、準備などを行います。

やりがいを感じる瞬間

お客様の意見や要望などを直接聞けたときです。営業のスタイルは個々に異なるため、上司や先輩の姿から教えていただくことがたくさんあります。吸収することのほうが多いですが、ひとつずつ試しながらお客様と会話し、購入の意思を聞けたときや感謝されたときはやりがいを感じます。

これからどうしたいか

目標は、お客様に相談される営業になること。担当営業先からは、「とりあえず彼女に聞けば解決する」と信頼されるぐらいになりたいと思っています。そのためには、商品に対する理解、金融・経済に関する知識、お客様のニーズを引き出す会話力など、学ぶことが山のようにあります。失敗を恐れずに、ひとつずつ積み上げ、積極的に挑戦していきたいです。

(c)2018 株式会社金融ファクシミリ新聞社
▲TOP